和食料理屋でオリジナルTシャツを活用

オリジナルTシャツの便利さについて

日本料理店だけではなく、カフェや居酒屋などの飲食店では、スタッフのユニフォームにオリジナルのTシャツが取り入れられているところが多いようです。たかがTシャツと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はTシャツは飲食店に最も適した衣装なのではないかと思います。それでは、日本料理屋のスタッフがTシャツを着ることによって、どのようなメリットが生まれるのでしょうか?
 
お店によってスタイルは異なるかと思いますが、基本的には日本料理屋のようなお店は同時にたくさんのお客さんの相手をすることになります。お店の規模が大きくなればなるほど、そこで働くスタッフはお店中を動き回ることになりますので、できるだけ身軽な格好をしておく必要があります。Tシャツは、様々な服装の中でも最も身軽な格好の1つといえるのではないかと思います。
 
例えばオシャレなフレンチレストランなどでは、店員がスーツ姿でお客さんの相手をすることも多いでしょう。しかし、早さなどが求められるお店にスーツは似合いません。てきぱきと動ける格好のほうが、お客さんも見ていて気持ちが良いですし、何よりお店の雰囲気に合っています。
 
シャツとは異なりTシャツは洗濯をしてもアイロンがけの必要がありませんし、汚れたと思ったらすぐに新しいものに着替えることもできます。スタッフ1人につき数枚のTシャツを渡しておけば、自分で洗濯をしてもらうことができますし、Tシャツには様々な大きさのものがありますので、どのような体格の方であっても問題なく着こなすことができるのではないかと思います。
 
つまり、Tシャツをユニフォームにすることによって、仕事のパフォーマンスも向上するだけではなく、スタッフごとによるユニフォームの管理も楽にすることができるのです。シャツをユニフォームにする場合は、店舗によってはそのユニフォームのクリーニング代などを支払っているところもあるようですので、それをTシャツに変えるだけでかなりのコストカットになるのではないかと思います。
 
日本料理屋だけではなく、新しく定食屋などを始めようと思っていらっしゃる方、または既にお店を持っていてスタッフのユニフォームを新しくしたいと思っていらっしゃる方は、一度オリジナルのチームTシャツを考えてみてはいかがでしょうか?意外に安く注文することができますので、デザインを考えて見積もりを出してもらいましょう。

関連ページ